« 忘年会 | トップページ | ”播州曽根の秋祭り”サイト運営について »

みんなで造ろう”にっしょの やっさ”

けっこう長いこと

”やっさ”の組み立てをやってます。

同級生のT氏が

一生懸命やってくれているので

それをサポートさせてもらってます。

T氏のアイデアと実行力で

ここ数年で

組み立てもずいぶん簡単になりました。

でも

まだまだ改善点はあります。

他町にも学びながら

独自のアイデアを出し合って

もっと簡単に

誰でもが

格好良く組み上げられる

”やっさ”にしていかなければなりません。

それと

各部の傷みが結構あるのですが

ただ新しくするんじゃなく

昔からの良いものを

如何に生かしてゆくかも

大切な事だと思います。

私が思う

一番大きな課題は

電飾です。

そう

”LED”が良いか?

”電球”が良いか?

時代は”LED”です。

でも

私個人としては

電球の持つ「あたたかさ」と「広がり」は

捨て難いと思います。

皆さんはどう思われますか?

”にっしょの やっさ”を

どこの”やっさ”よりも

格好良くするために

どんな意見でもかまいません。

自由にアイデアを出し合いましょう。

屋台部内には

色々なスペシャリストがおられるんで

夢のような事も

叶えられるかもしれませんので・・・

|

« 忘年会 | トップページ | ”播州曽根の秋祭り”サイト運営について »

やっさの改善」カテゴリの記事

コメント

管理人様

初めまして。当方、福崎熊野神社の氏子として地元屋台の電飾を手伝っている者です。本HP、いつも楽しませて頂いておりますし、今年は13、14日と曽根天満宮にお邪魔致しました。

”LED”が良いか?”電球”が良いか?→これは意見が分かれますね。私のところも6年前に電球からLEDに換えたのですが、「色がはっきり出るので綺麗やな」という意見から「なんや冷たい感じや」っていう意見まで賛否両論あります。私のところの屋台はLED総数1702個中、白色LEDが1530個ですので、尚更、賛否両論分かれるようですね。

最近は、電球の温かみを表現出来る”電球色LED”があるんですが、「光の広がり」は電球には及ばないですね。LED電飾は遠くから見れば、やっさの形がはっきりわかります。電球電飾は、全体にボワーっと光って見えます。これも好みが分かれるところでしょうね。

ただ、バッテリーの消耗は全然違いますよ。私のところは電飾を灯してから蔵入れまで3~4時間程度ですが、途中、バッテリー交換の必要はないし、休憩場所でも電飾は点けっぱなしです。バッテリーのサイズは普通車サイズのものが2個載っているだけで、宵宮の蔵入れの後に充電したら翌日は全く問題ないです。電球を使ってたころは、今より少し大きなバッテリー2個で40分くらいしかもたなかったんで、予備バッテリーを4個準備してました。

バッテリー管理の手間を考えると、LEDはお勧めです。

投稿: はげがわちゃん | 2007年10月27日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225315/16855278

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで造ろう”にっしょの やっさ”:

« 忘年会 | トップページ | ”播州曽根の秋祭り”サイト運営について »